Tokyo Midtown Award 2018


東京ミッドタウンマネジメント株式会社が実施する〈Tokyo Midtown Award 2018〉アートコンペ事務局運営を受託しています。「東京ミッドタウン」の場所を活かしたサイトスペシフィックな作品を募集、入賞者には1人につき100万円の制作補助金を支給。加えて、グランプリ(1点)には100万円、準グランプリ(1点)には50万円、優秀賞(4点)には10万円を贈呈します。制作補助金や賞金だけでなく、受賞後のさまざまなサポートも用意されているコンペです。

 
「アートコンペ」応募説明会
日時:2018年5月16日(水)19:00~20:00、6月2日(土)14:00~15:00
場所:東京ミッドタウン・デザインハブ内インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

詳細は公式ページをご確認ください

 
「アートコンペ」概要
応募期間:2018年5月24日(木)~6月14日(木)必着

テーマ:応募者が自由に設定

提出物:作品案(ジャンルは問いません。但し未発表作品案に限ります)

応募資格:
1. 個人またはグループ(1グループ1作品案まで)
2. 国籍は問いません
 但し、審査・設営・撤去にあたり、事務局の指定する日時に東京ミッドタウンに来館できること
3. 応募書類提出時点で39歳以下の方
 グループの場合、メンバー全員が条件を満たすこと

応募方法:事前登録のうえ、応募用紙に記入し、事務局へ送付

応募用紙・募集内容詳細は、Tokyo Midtown Award 公式サイトをご覧ください。

審査方法:
・1次審査 7月13日(金)
 提出書類による審査後12点を選出 通過者のみ書面にて通知
・2次審査 8月8日(水)
 模型およびプレゼンテーション審査後、入選作品(6点)決定
・最終審査 10月9日(火)
 入選者完成作品審査:各賞を選定
 ※2次・最終審査は一部公開予定

賞:
 グランプリ(1点):100万円
 準グランプリ(1点): 50万円
 優秀賞(4点):10万円

主催:東京ミッドタウン
協力:一般社団法人ノマドプロダクション
後援:University of Hawai‘i at Mānoa /Department of Art and Art History
「Tokyo Midtown Award 2018」では、『アートコンペ』と同時に、『デザインコンペ』も開催しています。

トーキョーワンダーサイト アニュアル 2015

東京から新しい芸術文化を創造・発信するアートセンター「トーキョーワンダーサイト」の2015年度アニュアルの制作を担当させていただきました。

アニュアルでありながら、活動の広報ツールとすることも求められていたため、「より広く、わかりやすく、魅力的に伝える」をコンセプトのひとつとしてコンペ提案。参加アーティストによるインタビューなどを通して活動の意義を伝える導入部「トーキョーワンダーサイトで開く可能性の扉:Meets TWS」を設け、親しみやすいデザイン、レイアウトをねらい雑誌風にまとめました。

本編もA5サイズとコンパクトな判型の中でも、日英テキストによる情報とビジュアル要素がバランス良く配置されるよう、工夫しています。また事業の成果について、審査などのかたちで関わった専門家によるレビューテキストなども多数収録されています。

TWS
Continue reading

大橋可也&ダンサーズ『テンペスト』

ウィリアム・シェイクスピアの最後の戯曲を題材とした大橋可也&ダンサーズの公演『テンペスト』の広報を担当しました。
チラシ制作のディレクションや、出演者への映像インタビュー、SNS・Tumblr等での情報発信、プレスへのコンタクトなどの広報業務、LINEスタンプの作成などで公演の周知に貢献しました。

tempest
公演風景 Photo: GO

tempest_flyer
A4チラシ グラフィックデザイン:石塚俊、写真:劉貴寛、イラスト:koya(賢者)

tempest_line
『テンペスト』の出演者をモデルに作成したLINEスタンプ
「ダンサーズのハードコアななかまたち」イラスト:モリタクマ

日程:2015年11月6日(金)〜8日(日)
場所:東京・両国 シアターX(カイ)
主催:一般社団法人大橋可也&ダンサーズ
助成:芸術文化振興基金
協力:公益財団法人セゾン文化財団
シアターX(カイ)提携公演
平成27年度(第70回)文化庁芸術祭参加公演
振付・構成・演出:大橋可也
音楽:大谷能生、吉田アミ
ドラマトゥルク:山本博士
映像:石塚俊
舞台美術:大津英輔+鴉屋
衣装:ROCCA WORKS
照明:遠藤清敏(ライトシップ)
音響:牛川紀政
舞台監督:原口佳子(モリブデン)
広報:及位友美・新井慶太(一般社団法人ノマドプロダクション)
制作協力:古郡稔、小松杏里

TARL「思考と技術と対話の学校」アニュアル

ノマドプロダクションが事務局運営および、企画協力しているTokyo Art Research Lab「思考と技術と対話の学校」初年度の記録集が完成しました。

IMG_1252

Tokyo Art Research Lab「思考と技術と対話の学校」
基礎プログラム Annual Report 2014

発行:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京文化発信プロジェクト室
平成27年3月23日

監修:森司[東京文化発信プロジェクト室]
制作・執筆:坂本有理、佐藤李青[東京文化発信プロジェクト室]、橋本誠、及位友美[一般社団法人ノマドプロダクション]
編集ディレクション&編集:多田智美[MUESUM]
デザイン:加藤賢策、内田あみか[LABORATORIES]
イラスト:山内庸資
写真:越間有紀子
印刷:山田写真製版所

アーツ前橋シンポジウム

アーツ前橋 シンポジウム ~地域とアートを紡ぐ3日間~(2014年2月14日~16日)の企画・運営、記録集編集などを担当しました。

[シンポジウム]
主催:アーツ前橋
企画・運営:住友文彦+吉田成志+野崎美樹+小田久美子+家入健生(アーツ前橋)、橋本誠+及位友美+川村彩乃(ノマドプロダクション)
広報デザイン:新藤君平(ぺそらデザイン)

symposium_flyer_140114_5_ol

[記録集]
企画:アーツ前橋
編集:住友文彦+家入健生(アーツ前橋)、橋本誠(ノマドプロダクション)
編集補助:及位友美+川村彩乃+米津いつか
レイアウト:voids
翻訳:株式会社リンクトランス・サイマル、ウィリアム・アンドリューズ
発行:アーツ前橋

表1-4_0422