会員向け勉強会「仕事を知る」第2回を開催しました

会員向け勉強会「仕事を知る」第2回を開催しました

ノマドプロダクションでは、4月から加入した正会員を交えて、勉強会を行っています。「仕事を知る」ではその名の通り、多様な職能を持つ会員が順次それぞれの仕事を紹介するシリーズです。今回もお土産などが集まり、リラックスした雰囲気の中での勉強会となりました。

sudo
・ 須藤崇規(映像ディレクター)
この日の最初のプレゼンは、映像ディレクターの須藤崇規。
作曲に関心を持ち、東京芸術大学音楽環境創造科に進学。現在は、マームとジプシーやチェルフィッチュなどの劇中映像や記録映像を数多く手がけています。なかでもこの日ゆっくり見たのは『淡路島在住アトレウス家』の記録映像。体験型のパフォーマンスの記録は、会場の様子を記録するだけでは、作品の意図や状態をなかなか伝えることができません。記録が難しいプロジェクトを作品への深い理解の上で、アイデアを出してまとめあげていました。
体験型や回遊型の多いアートプロジェクトに従事しているメンバーも多く、それぞれの立場で発見があり、盛り上がりました。

nozoki
・ 及位友美(voids/コーディネーター)
続いて理事であり、コーディネーターの及位友美。
慶應義塾大学で美術史を専攻し、卒業後は〈取手アートプロジェクト〉〈東京都現代美術館〉など美術の現場に従事。その後、NPO法人アートネットワーク・ジャパンでは、〈急な坂スタジオ〉、〈フェスティバル/トーキョー〉の立ち上げに関わり、舞台芸術の分野にも活動の幅を広げて活動しています。この5月からグラフィックデザイナーの岡部正裕とともに株式会社ボイズを立ち上げ、横浜・馬車道にオフィスを構えています。横浜を拠点としたコーディネーター、ライター、エディターとして活動中。現在はアートプロジェクトや展覧会の記録や編集等の仕事も手がけており、それぞれの仕事の違いや考え方などについてコメントが飛び交いました。

月1回の勉強会は、8月も開催予定です。
次回も会員のまだ知らない仕事に出会えると思うと楽しみです!

(小林)

————

「仕事を知る」第2回
日時:2015年7月21日(火)20:00〜22:00
会場:ノマドプロダクション御徒町事務所
参加者:須藤、及位ほか会員7名

関連ページ:
メンバー・会員紹介  http://nomadpro.jp/?page_id=444
会員制度のご案内  http://nomadpro.jp/?page_id=496