公開勉強会:墨田のまちのアートプロジェクト〈墨東まち見世〉の跡と今をめぐるツアー&トーク 開催

sumida_01様々なアートプロジェクトのプロデュースや、それらの体験価値を伝えるメディア制作を手がけるノマドプロダクションでは、関連するテーマで不定期に勉強会を開催していきます。
その第1弾は公開勉強会として、墨田のまちのアートプロジェクト〈墨東まち見世(※1)〉が開催されていた墨東(ぼくとう)」エリアを当時の参加アーティストやアートマネージャーと歩き、そこでかつて行われたことと今を知るツアー&トークを開催します。

対象エリアでは〈39アートin向島 2015(※2)〉と冠して様々なアーティスト・アートスペース・団体などによる自主的なイベントが多数開催中。その盛り上がりを感じながら、少し前の出来事の跡を一緒に探しに行きませんか? 少人数の体験型ツアーの後は、トークのみに参加する方も交えて、ツアーの様子やかつてと今のまちとアートの様子を共有します。

※1 主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益法人東京と歴史文化財団)、特定非営利活動法人向島学会(2009〜2012年度)、2013年度より「墨東まち見世」アートプラットフォーム

※2 「サンキューアートの日」に地域で参加しているアートプロジェクト。2010年から始まり今年で6回目。向島に暮らしながら活動をしている人たちによる約40もの企画を紹介する《ネットワークプロジェクト》に加え、招聘した現代アーティストによる向島でしか作ることができない作品を体験することができる。

ゲスト:谷山恭子(墨東まち見世2011 参加アーティスト)、新里碧(墨東まち見世2012 参加アーティスト)、ヨネザワエリカ(ライター/39アート in 向島実行委員)
コーディネーター:橋本誠(墨東まち見世2009-2011 担当プログラムオフィサー/一般社団法人ノマドプロダクション)

日時:2015年3月22日(日)13:00〜17:00[ツアー]/18:30〜20:30[トーク]※18:15開場
場所:曳舟駅改札前集合[ツアー]、すみだ生涯学習センター「ユートリヤ」B棟3階視聴覚室[トーク]
参加費:2,500円[ツアー+トーク、定員15名]/1,000円[トークのみ、定員60名]
参加方法:以下のPeatixページにて詳細をご確認の上、前日までにお申し込みおよび事前決済をお願いします(先着)。当日は定員に余裕がある場合のみ現金お支払いにて受付ます(お釣りのないようにご準備をお願いします)。
http://ptix.co/1AT818w

・ツアー+トークにお申し込みの方にはもれなく、『墨東まち見世2009-2012ドキュメント』「BOKU-to-TekuTeku まちみてマップ(第3版)」〈39アート in 向島 2015〉リーフレットを差し上げます(トークでは残部のみ先着)
・お申し込みいただいた方のご都合によるキャンセルに伴う返金には対応いたしかねますのでご注意ください
・お申し込み無しでお越しいただいてもご参加いただけない場合がありますのでご注意ください

【お問い合わせ】
e-mail : info[at]nomadpro.jp ※[at]を「@」に書き替えてご送付ください
tel:080-5046-2612(担当:橋本)

5-2-1_
谷山恭子《Lat/Long project I’m here.ここにいるよ》(墨東まち見世2011)

Exif_JPEG_PICTURE
新里碧《曳舟湯怪物》(墨東まち見世2012)