ノマドプロダクション季節の集い2018冬

s-nmd_0086_s
Photo:Hajime Kato
2017.1.12 SHIBAURA HOUSE(東京・田町)
新年賀詞交換パーティーの様子

ノマドプロダクションが普段お世話になっている皆様や、アートプロジェクトに親しむ皆様をお招きして開催する季節の集い。昨年4月から拠点としている春日事務所のオープンスタジオ形式で開催します。

出入り自由でいついらしてもお楽しみいただける内容を予定していますので、ぜひご予定ください!

詳細は随時、facebookページなどでご案内していきます。

日時:2018年2月12日(月・祝)13:00〜20:00
会場:ノマドプロダクション春日事務所/SPICEビル(東京都文京区春日2-14-9)
参加費:1500円(1ドリンク、サンドイッチ、お土産つき)
ゲスト:EAT&ART TARO(現代美術アーティスト)、佐藤悠(騙り部/ゴロゴロ莇平代表/御噺屋家元/知ったかアート大学学長)
お問い合わせ:staff@nomadpro.jp

[予定内容]
1.ノマドプロダクションの仕事場公開
拠点としている普段の仕事場を会場として開催。近年手がけた仕事などもご紹介します。

2.お取り寄せサンド
EAT&ART TAROがご縁のある地域からお取り寄せした食材と、春日のパン屋さんで仕入れた美味しいパンでサンドイッチにしてご提供。サンドしてみたい食材のお持ち込みも歓迎です。
予定地域:奥能登(石川県)、青森ほか
20369886_1414552228613133_2728287491172027827_o

3.話食 Bar
佐藤悠が提供する話を聴きながら飲食する、バースタイルのプログラム。
定時コースメニュー:14:00〜/16:30〜/19:00〜 約45分(途中退場可)
※各回30分程度で以下の基本メニューより、1品以上を提供します。定時の直前直後以外の時間も、ご要望によりメニューの提供を行います。

基本メニュー内容
A『プロジェクト ネーミング プロジェクト』
プロジェクトの名付け方を、良質プロジェクトの傾向から解説。
あなたも迷わずプロジェクトの名付け親になれる、4つのポイントは必聴!

B『現代「アー写」考』
アーティストの肖像写真、略して「アー写」。
構図、背景、状況、小物アイテムなど、
カブって恥ずかしいネタや、知っておきたい作法など、お得情報満載。

C『古今東西アーティスト名小噺 OVER50』
50名以上のアーティストの名前が散りばめられた、ダジャレ小噺。
こんなあほ臭い(北斎)企画、マネできるやつ誰もオランピア!

その他のネタ、アフタートーク、雑談など
ご希望あれば、上記の時間以外にカウンターで個別にお話させていただきます。
20525999_1436366739745397_7254544311224506652_n

ゲストプロフィール:
EAT&ART TARO(現代美術アーティスト)
食をテーマに活動している現代美術作家。調理師学校卒業後に飲食店勤務を経てギャラリーでのケータリング、食に関するワークショップから作品制作を行う。
これまでに自分で購入したものが次の人のものになってしまう、おごることしかできないお店《おごりカフェ》や、日本語も英語も通じないカフェ《ALL AWAY CAFE》、きゅうりをひたすら食べさせる《ザ キュウリショー》、《おにぎりのための、毎週運動会》、《さいはての「キャバレー準備中」》など食をテーマにした作品を多数発表している。
〈大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ〉、〈あいちトリエンナーレ〉、〈瀬戸内国際芸術祭〉、〈奥能登国際芸術祭〉など。
eartandarttaro

佐藤悠(騙り部/ゴロゴロ莇平代表/御噺屋家元/知ったかアート大学学長)
1985年三重県生まれ。一見何も無いところから、誰かが関わる事で表現が紡がれてゆく現場を作り出している。近年では、主なアウトプットとして口述、口承などの表現を用い、伝達や記録の不可能性を前提に、自身の活動を騙り直す表現を行っている。主な活動に、山あいの集落の坂を直径3mの球体に乗って毎年転がり下りる私祭「ゴロゴロ莇平(あざみひら)」、1枚の紙に絵を書きながらその場にいる全員で即興で物語を作る「いちまいばなし」、洞窟壁画からアートプロジェクトまで約2万年の美術の歴史を2時間でおさらいする「知ったかアート大学」、特筆すべき物が何も無さそうな僻地に赴き、現地を半ば強引にリポートしてゆく「やけくそさんぽ」シリーズ等がある。
学長 のコピー 3