佐倉市立美術館 ミテ・ハナソウプロジェクト活動報告と評価 2013-2017

佐倉市立美術館で行われている「対話による美術館賞プロジェクト ミテ・ハナソウ」の2013年から2017年の活動報告書の編集を一部担当しました。

このプロジェクトでは市民ボランティア「ミテ*ハナさん」とともに、学校連携のほか、美術館の外に広がる様々なアウトリーチ活動に取り組んできました。今回、1期〜3期の合計5名のミテ*ハナさんへのインタビュー(p28-33)と、ミテハナラウンドテーブル(p48-51)の編集を行いました。外部の専門家が関わり、評価と分析、デザインに力の入った一冊です。



発行日:2018年3月31日
発行:ミテ・ハナソウプロジェクト連携実行委員会
企画:永山智子(佐倉市立美術館)、三ツ木紀英(特定非営利活動法人芸術資源開発機構)
執筆:永山智子(佐倉市立美術館)、三ツ木紀英・近藤乃梨子(特定非営利活動法人芸術資源開発機構)、米津いつか・和田真文(一般社団法人ノマドプロダクション)、染谷ヒロコ(atopicsite)、熊谷薫・石幡愛・高橋かおり(国際芸術際及び地域アートプロジェクトの事業評価検証会運営事務局)
アート・ディレクション+デザイン:中北隆介
イラスト:三好愛
撮影:加藤健、落田伸也、小田川悠、大野隆介、佐倉市立美術館
編集:染谷ヒロコ(atopicsite)
仕様:オールカラー/96p/日本語
印刷・製本:株式会社山田写真製版所

佐倉市美術館 http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
ミテ・ハナソウ http://mitehana.com/

アール・ブリュット魅力発信事業報告書(平成29年度)

「アールブリュット魅力発信事業報告書―平成29年度文化庁 地域の核となる美術館・博物館支援事業」の編集を担当しました。

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA[社会福祉法人グロー(GLOW)〜生きることが光になる〜]など複数の団体で構成されるアール・ブリュット魅力発信事業実行委員会制作・発行の冊子となります。2018年2月に行われたアール・ブリュット国際フォーラム2018の合計5本の特別報告等を編集しています。日本をはじめとするアジア(中国、タイ、インドネシア)、アメリカ、ヨーロッパにおける障害のある人の芸術活動の現状や、各国の固有性や共通性を知ることができます。

180515_abi_bg

発行日:2018年3月31日発行
制作・発行:アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
発行責任者:北岡賢剛(アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会 実行委員長/社会福祉法人グロー理事長)
構成:田端一恵(社会福祉法人グロー 法人本部企画事業部副部長)
編集:米津いつか(一般社団法人ノマドプロダクション)、小山冴子、辻並麻由
デザイン:阪口玄信(G_GRAPHICS INC.)
写真:大西暢夫、社会福祉法人グロー
事務局:社会福祉法人グロー 法人本部企画事業部

仕様:オールカラー/103p/日本語

国際海事大学連合(IAMU)パンフレット(published in April 2018)

1999年に日本財団の支援を受けて創立された世界の4年制商船大学の連合体、国際海事大学連合(International Association of Maritime Universities/IAMU)。2016年10月に制作を担当したパンフレットを改訂しました(2018年4月発行)。今回もデザインは川路あずささん(HYACCA)。全体のパンフレットの印象はそのままに、一部、表紙の写真や、中面が最新の情報に更新されています。

iamu-shadow
 

 

国際海事大学連合(International Association of Maritime Universities)
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/scholarship/#anchor2

監修・発行:国際海事大学連合(International Association of Maritime Universities)
制作:一般社団法人ノマドプロダクション、川路あずさ(HYACCA)
アートディレクション・デザイン:川路あずさ(HYACCA)
編集:米津いつか(一般社団法人ノマドプロダクション)
英文校閲:hanare x Social Kitchen Translation
撮影:繁延あづさ、アラタケンジ、長野聡史
協力:岩田とも子
印刷:ダイヤモンド秀巧社印刷株式会社
仕様:A4判/20頁/フルカラー/英
発行日:2018年4月