相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL)

logo
相模湾・三浦半島エリアのアートプロジェクトやアート関連団体を連携させ、相互に協力するネットワークを構築するSaMAL(Sagami Bay and Miura Peninsula Art Link)の調査・検証・評価プログラムの企画運営に協力しました。

IMG_5443

2017.5.17 第1回研究会(葉山)

研究会やインタビューの実施を通して、参加プロジェクトのロジックモデル構築に取り組んだり、各団体が自主的に活動を振り返り、言語化するためのツールとしてカード型のファシリテーションキットの制作に取り組みました。

事業全体の報告書「SaMAL Book 2017」や分冊「地域発住民主体のアートプロジェクトのためのツール開発」にその成果を収録しています。

コーディネーター:伊藤裕夫(日本文化政策学会理事)、兼子朋也(関東学院大学准教授)、李知映(関東学院大学助教)
調査・検証・報告:石幡愛、熊谷薫、高橋かおり、一般社団法人ノマドプロダクション
協力:国際芸術祭及び地域アートプロジェクトの事業評価検証会運営事務局、松澤利親(葉山芸術祭実行委員会)
発行:関東学院大学|相模湾・三浦半島アートリンクプロジェクト

平成29年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業
相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL)ー地域発アートプロジェクトを育て支える人材の育成と交流ー