大橋可也&ダンサーズ『テンペスト』

ウィリアム・シェイクスピアの最後の戯曲を題材とした大橋可也&ダンサーズの公演『テンペスト』の広報を担当しました。
チラシ制作のディレクションや、出演者への映像インタビュー、SNS・Tumblr等での情報発信、プレスへのコンタクトなどの広報業務、LINEスタンプの作成などで公演の周知に貢献しました。

tempest
公演風景 Photo: GO

tempest_flyer
A4チラシ グラフィックデザイン:石塚俊、写真:劉貴寛、イラスト:koya(賢者)

tempest_line
『テンペスト』の出演者をモデルに作成したLINEスタンプ
「ダンサーズのハードコアななかまたち」イラスト:モリタクマ

日程:2015年11月6日(金)〜8日(日)
場所:東京・両国 シアターX(カイ)
主催:一般社団法人大橋可也&ダンサーズ
助成:芸術文化振興基金
協力:公益財団法人セゾン文化財団
シアターX(カイ)提携公演
平成27年度(第70回)文化庁芸術祭参加公演
振付・構成・演出:大橋可也
音楽:大谷能生、吉田アミ
ドラマトゥルク:山本博士
映像:石塚俊
舞台美術:大津英輔+鴉屋
衣装:ROCCA WORKS
照明:遠藤清敏(ライトシップ)
音響:牛川紀政
舞台監督:原口佳子(モリブデン)
広報:及位友美・新井慶太(一般社団法人ノマドプロダクション)
制作協力:古郡稔、小松杏里

第4回:会員向け勉強会「仕事を知る」

ノマドプロダクションでは、月に1回のペースで勉強会を行っています。今回で第4回目。正会員入会を検討してくださっている方々にも参加していただきました。「仕事を知る」では、どんな人が正会員として活動しているのかを紹介しているので、実際の雰囲気を感じてもらう絶好の機会です。

トップバッターは、林絵梨佳。ノマドプロダクション唯一のフルタイムスタッフです。
武蔵野美術大学芸術文化学科に在学中から、横浜トリエンナーレ2005や取手アートプロジェクト、東京都現代美術館での「川俣正〔通路〕」展など、精力的に活動していた林。その後はアートの仕事を離れ、ウェブデザインや、博物館のボランティアコーディネーターのお仕事をしてきました。昨年のヨコハマトリエンナーレ2014の広報アシスタントから、アートの現場に復帰したとのこと。学生の時から「事務局」で働くことを目指していた彼女は、現在TARLの事務局として大活躍です。これから、ノマドの事業が増えてたくさんの事務局を兼ねることになるかもしれないです!

続いて、P3 art and environmentや、アサヒ・アートスクエアなどでさまざまな現場をこなしてきた坂田太郎。
IMG_2564
ノマドの理事である及位と坂田は大学の同級生。代表理事の橋本とも、学生時代から旧知の仲だそうです。
彼の話のなかで特に印象的だったのは、横浜市泉区・戸塚区で行っている「サイト・イン・レジデンス」の活動です。自宅の近くにある米軍基地という場所と向き合い、アーティストたちと共に考え、表現をつくるこのプロジェクトは、横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2015の助成を受けて実施しています。基地で過ごしている人びとの話や土地の記憶をじっくりと掘り起こす話は興味深く、ぜひ行ってみたいと思いました。

今回の最後のプレゼンは、阿比留ひろみ。
IMG_2571
大学を卒業後、広告代理店に就職し、その後地元の文化施設に転職。文化施設でワークショップなどの活動をしている中で、社会的な役割を一度離れて、自分自身と向き合うことができる文化施設の大切さに気づいたと振り返る阿比留。指定管理者として施設の運営を行いつつ、自主事業としてNadegata Instant Partyを招聘し、アートプロジェクトを敢行した話はとても刺激的でした。いつも穏やかな印象を受ける彼女の情熱的な一面を知ることができました。

次回の「仕事を知る」は新しい正会員の方も参加!楽しみです。

IMG_2555
本日のごはん

(小林)

————

「仕事を知る」第3回
日時:2015年9月29日(火)20:00〜22:00
会場:ノマドプロダクション御徒町事務所
参加者:林、坂田、阿比留ほか会員4名、会員入会検討の見学者2名

関連ページ:
メンバー・会員紹介  http://nomadpro.jp/?page_id=444
会員制度のご案内  http://nomadpro.jp/?page_id=496