美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト

『美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト』の編集を担当しました。

2012年、東京都美術館のリニューアルオープンをきっかけにスタートした「とびらプロジェクト」。東京都美術館と東京藝術大学がタッグを組み、会社員や教員、学生、専業主婦など広く一般から集まったアート・コミュニケータ(愛称:「とびラー」)と、学芸員や大学の教員、第一線で活躍中の専門家が、共に美術館の文化資源を活かしながら誰もが参加できる対話の場を創り出し、様々な価値観を持つ多様な人々を結びつける活動をしています。8つの事例とともに、稲庭彩和子(東京都美術館)、伊藤達矢(東京藝術大学)によりこれまでの6年間の活動が紹介されています。西村佳哲(働き方研究家)、日比野克彦(アーティスト)、森司(アーツカウンシル東京)のコラム、とびラーのインタビューも収録。
   

『美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト』
2018年10月23日初版

東京都美術館×東京藝術大学とびらプロジェクト 編
稲庭彩和子(東京都美術館)・伊藤達矢(東京藝術大学)著
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm 原田祐馬・西野亮介
イラスト:白尾可奈子
編集:影山裕樹(千十一編集室)・米津いつか(ノマドプロダクション)
ライター:吉田真緒・井尻貴子・只木良枝
発行所:株式会社青幻舎
印刷・製本:株式会社シナノパブリッシングプレス
仕様:四六判/272p(カラー4p,モノクロ268p)/日本語

<目次>
序  教育普及から、アート・コミュニケーションへ
第1章 美術館で関わり合いを“つくる”とびラーの活動
第2章 ミュージアムが“ハブ”となりコミュニティをつくる
第3章 コミュニケーションの“質”が社会を“ひらく”扉になる
終章 とびらプロジェクトの現在とこれから

超・幻聴妄想かるた

特定非営利活動法人やっとこが運営する、就労継続支援B型事業所ハーモニーの『超・幻聴妄想かるた』の編集を担当しました。

2011年から発売が始まったハーモニーに集う人々の日々の生活や体験を題材にした「幻聴妄想かるた」。2014年の『新・幻聴妄想かるた』に続くシリーズ第3弾です。

書籍は、かるた札のエピソードだけではなく、ハーモニー施設長新澤克憲さんのこれまでの活動を通しての文章を読むことができます。『超・幻聴妄想かるた』のかるたの絵札はフルカラー。書籍とかるたは別売りもしていますが、セット売りのスリーブケースカバーには谷川俊太郎さんの帯文も掲載されています。


Continue reading

六本木アートナイト2018 ガイドブック

六本木の街を舞台に開催された〈六本木アートナイト2018〉のガイドブック編集を担当いたしました。

宣伝美術、ウェブサイト制作、翻訳担当チームと連携。3人のアーティストによるメインププログラムはもちろん、多数の参加施設から情報収集を行い、各所で行われたプログラムなど多くの情報をわかりやすく紹介しました。

宣伝美術:武井哲史(FLOWER MARK)
ガイドブック編集・ウェブサイト制作:新井慶太(Build)、小林沙友里、及位友美、米津いつか(ノマドプロダクション)、杉江裕視(杉江デザイン事務所)、hanare × Social Kitchen Translation、Kikko Corporation

仕様:オールカラー/B5/32p(日本語版)・16p(英語版)

公式サイトよりPDFデータをダウンロードいただけます。

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017 ドキュメント

“障害者”と”多様な分野のプロフェッショナル”による現代アートの国際展〈ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017〉の記録集、記録映像(DVD)制作を担当しました。

記録集ではダイジェストページを設ける、各プロジェクトページに複数の要素を入れ込む、セクションごとに関係者の声を収録するなどして、第1部〜第3部にわたる複雑なプロセスや、多様な協働の成果を読みやすくまとめています。

記録映像では、全体のダイジェスト版に加え、パフォーマンスステージ全編を視覚障害者向けに制作した「声の解説」音声・字幕と共に収録した映像、総合ディレクターや出演者のインタビュー映像などを収録しています。

監修:栗栖良依
編集:橋本誠(Nomad Production)、友川綾子
翻訳:hanare×Socisl Kitchen Translation
写真:加藤健、加藤甫、川島彩水
アートディレクション:吉川智基(SAFARI inc.)
デザイン:香山ひかる(SAFARI inc.)
印刷:株式会社協進印刷
発行:横浜ランデヴープロジェクト実行委員会、特定非営利活動法人スローレーベル
発行日:2018年3月23日

おかやま文化芸術アソシエイツ「文化芸術交流実験室」

岡山県と岡山県文化連盟による地域アーツカウンシル事業「おかやま文化芸術アソシエイツ」の一環として実施している「文化芸術交流実験室」の企画・運営・記録サポートを行っています。レポート(一部はウェブ掲載)と、そこから得られた情報を中心にまとめた報告書が完成しました。

報告書では、文化芸術交流実験室の参加者から寄せられた、岡山県内で気になっているヒト・コト・場所のリスト、岡山県における文化プログラム(beyond2020)の認証状況などについても紹介しています。

監修:大月ヒロ子
編集:高田佳奈、橋本誠
デザイン:安藤次朗[LOVE AND PEACE]
制作コーディネート:一般社団法人ノマドプロダクション
発行:公益社団法人岡山県文化連盟

下記のページよりPDFデータ(A4版)を閲覧・ダウンロードいただけます。
http://o-bunren.jp/labo-repo-h29/

2018年度の実施内容など、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
http://o-bunren.jp/labo/

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS パフォーミングアーツ・グループ 2017年度 事業報告書

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS パフォーミングアーツ・グループの2017年度事業報告書(日本語版・英語版)の制作を担当しました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックをひとつの契機とし、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)とともに、障害のある方の優れた舞台芸術の場を国内外に発信する国際障害者舞台芸術祭(仮称)の開催に向けてスタートした一連の取り組みを紹介しています。

「アーティスト発掘ワークショップ」「アーティスト育成プログラム」「舞台鑑賞サポートプログラム」「アジア太平洋障害者芸術祭〈True Colours Festival〉作品制作」の各プログラム概要に加え、参加者や関係者の声を多くとりあげることで、その手応えを簡潔に伝える内容としています。

発行:日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
編集:日本財団DIVERSITY IN THE ARTS、一般社団法人ノマドプロダクション
翻訳:hanarexSocial Kitchen Translation
デザイン:福岡泰隆
写真:冨田了平、相模友士郎、加藤甫
発行日:2018年5月10日

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS パフォーミングアーツ・グループ
http://dita-pa.jp/
こちらのページより、PDFデータをダウンロードいただけます

佐倉市立美術館 ミテ・ハナソウプロジェクト活動報告と評価 2013-2017

佐倉市立美術館で行われている「対話による美術館賞プロジェクト ミテ・ハナソウ」の2013年から2017年の活動報告書の編集を一部担当しました。

このプロジェクトでは市民ボランティア「ミテ*ハナさん」とともに、学校連携のほか、美術館の外に広がる様々なアウトリーチ活動に取り組んできました。今回、1期〜3期の合計5名のミテ*ハナさんへのインタビュー(p28-33)と、ミテハナラウンドテーブル(p48-51)の編集を行いました。外部の専門家が関わり、評価と分析、デザインに力の入った一冊です。



発行日:2018年3月31日
発行:ミテ・ハナソウプロジェクト連携実行委員会
企画:永山智子(佐倉市立美術館)、三ツ木紀英(特定非営利活動法人芸術資源開発機構)
執筆:永山智子(佐倉市立美術館)、三ツ木紀英・近藤乃梨子(特定非営利活動法人芸術資源開発機構)、米津いつか・和田真文(一般社団法人ノマドプロダクション)、染谷ヒロコ(atopicsite)、熊谷薫・石幡愛・高橋かおり(国際芸術際及び地域アートプロジェクトの事業評価検証会運営事務局)
アート・ディレクション+デザイン:中北隆介
イラスト:三好愛
撮影:加藤健、落田伸也、小田川悠、大野隆介、佐倉市立美術館
編集:染谷ヒロコ(atopicsite)
仕様:オールカラー/96p/日本語
印刷・製本:株式会社山田写真製版所

佐倉市美術館 http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
ミテ・ハナソウ http://mitehana.com/

アール・ブリュット魅力発信事業報告書(平成29年度)

「アールブリュット魅力発信事業報告書―平成29年度文化庁 地域の核となる美術館・博物館支援事業」の編集を担当しました。

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA[社会福祉法人グロー(GLOW)〜生きることが光になる〜]など複数の団体で構成されるアール・ブリュット魅力発信事業実行委員会制作・発行の冊子となります。2018年2月に行われたアール・ブリュット国際フォーラム2018の合計5本の特別報告等を編集しています。日本をはじめとするアジア(中国、タイ、インドネシア)、アメリカ、ヨーロッパにおける障害のある人の芸術活動の現状や、各国の固有性や共通性を知ることができます。

180515_abi_bg

発行日:2018年3月31日発行
制作・発行:アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
発行責任者:北岡賢剛(アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会 実行委員長/社会福祉法人グロー理事長)
構成:田端一恵(社会福祉法人グロー 法人本部企画事業部副部長)
編集:米津いつか(一般社団法人ノマドプロダクション)、小山冴子、辻並麻由
デザイン:阪口玄信(G_GRAPHICS INC.)
写真:大西暢夫、社会福祉法人グロー
事務局:社会福祉法人グロー 法人本部企画事業部

仕様:オールカラー/103p/日本語

相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL)

logo
相模湾・三浦半島エリアのアートプロジェクトやアート関連団体を連携させ、相互に協力するネットワークを構築するSaMAL(Sagami Bay and Miura Peninsula Art Link)の調査・検証・評価プログラムの企画運営に協力しました。

IMG_5443

2017.5.17 第1回研究会(葉山)

研究会やインタビューの実施を通して、参加プロジェクトのロジックモデル構築に取り組んだり、各団体が自主的に活動を振り返り、言語化するためのツールとしてカード型のファシリテーションキットの制作に取り組みました。

事業全体の報告書「SaMAL Book 2017」や分冊「地域発住民主体のアートプロジェクトのためのツール開発」にその成果を収録しています。

コーディネーター:伊藤裕夫(日本文化政策学会理事)、兼子朋也(関東学院大学准教授)、李知映(関東学院大学助教)
調査・検証・報告:石幡愛、熊谷薫、高橋かおり、一般社団法人ノマドプロダクション
協力:国際芸術祭及び地域アートプロジェクトの事業評価検証会運営事務局、松澤利親(葉山芸術祭実行委員会)
発行:関東学院大学|相模湾・三浦半島アートリンクプロジェクト

平成29年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業
相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL)ー地域発アートプロジェクトを育て支える人材の育成と交流ー

国際海事大学連合(IAMU)パンフレット(published in April 2018)

1999年に日本財団の支援を受けて創立された世界の4年制商船大学の連合体、国際海事大学連合(International Association of Maritime Universities/IAMU)。2016年10月に制作を担当したパンフレットを改訂しました(2018年4月発行)。今回もデザインは川路あずささん(HYACCA)。全体のパンフレットの印象はそのままに、一部、表紙の写真や、中面が最新の情報に更新されています。

iamu-shadow
 

 

国際海事大学連合(International Association of Maritime Universities)
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/scholarship/#anchor2

監修・発行:国際海事大学連合(International Association of Maritime Universities)
制作:一般社団法人ノマドプロダクション、川路あずさ(HYACCA)
アートディレクション・デザイン:川路あずさ(HYACCA)
編集:米津いつか(一般社団法人ノマドプロダクション)
英文校閲:hanare x Social Kitchen Translation
撮影:繁延あづさ、アラタケンジ、長野聡史
協力:岩田とも子
印刷:ダイヤモンド秀巧社印刷株式会社
仕様:A4判/20頁/フルカラー/英
発行日:2018年4月