仕事と生活と表現(YouTubeライブ)

アートプロジェクトに関わるプロフェッショナル・ネットワークを持つノマドプロダクションが、アーティストや関係者などをゲストに招き、関連する活動などをYouTubeライブで映像配信&アーカイブにより紹介していきます。ゲストおよびノマドプロダクション(代表理事・橋本誠)の最新の活動を「仕事と生活と表現」というキーワードに引き寄せながら、ラジオ番組のような対話形式で親しみやすく紹介・発信していきます。
※2017年に立ち上げたトーク企画「仕事と生活と表現」のリニューアル企画となります

視聴URL(YouTube) https://www.youtube.com/channel/UCQQ2nHBDb8UQX0u1by8d1QA
※チャンネル登録いただくと、最新の配信予定を随時ご確認いただくことができます
※第4回配信については、映像が表示されない不具合が発生したため、通常のYoutube動画としていちどアップロードいたしました。以下のページにてご覧ください。
https://youtu.be/0971lg3E-Es

【配信スケジュール】

2018年9月26日(水)19:00〜
第1回ゲスト:北澤潤(美術家)

美術家。1988年東京都生まれ、同在住。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。2007年に父の出身地である佐渡島と新潟をつなぐ客船「おけさ丸」を舞台に初めてのプロジェクトを実施。以来、国内外約30の地域に関わりながら、中長期的なフィールドワークを経て多様な人びとと協働し、日常に問いを投げかける場を集団生活の中に出現させる「コミュニティ・スペシフィック」を志向したアートプロジェクトを実践しつづけている。2010年には「北澤潤八雲事務所」を設立し、行政機関、教育機関、医療機関、企業、地域団体、NPO などとパートナーシップを結びながら直接的に社会と関わり、自立的かつ持続的なプロジェクトの可能性を模索してきた。2016年から2017年にかけて国際交流基金アジアセンターのフェローシッププログラムで1年間インドネシアに滞在。以降、日本とインドネシアを行き来しながら活動を展開している。2016年には米経済誌フォーブス「30 Under 30 Asia」アート部門に選出された。

2018年10月2日(火)19:00〜
第2回ゲスト:山内康裕(マンガナイト)

1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了(MBA in accounting)。2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し代表を務める。また、2010年にはマンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、“マンガ”を軸に施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。「さいとう・たかを劇画文化財団」理事、「これも学習マンガだ!」事務局長、「東アジア文化都市2019豊島」マンガ・アニメ部門事業ディレクター、「立川まんがぱーく」コミュニケーションプランナー等も務める。共著に『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方(集英社)』、『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊(文藝春秋)』等。

2018年10月19日(金)14:00〜
第3回ゲスト:松田雅代(NPO法人BEPPU PROJECT)

1984年兵庫県生まれ。京都精華大学芸術学部卒業。ディスプレイ関連会社の営業職を経て、2012年よりNPO法人BEPPU PROJECT勤務。「in BEPPU」(2016年、2017年、2018年)、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」(2012年、2015年)、国東半島芸術祭(2014年)をはじめとしたフェスティバルの運営・企画制作や、恒久設置作品の制作、学校や福祉施設などでのワークショップ、イベントの企画・コーディネートなど、表現ジャンル、現場を問わず幅広く担当する。

2018年12月9日(日)16:00〜
第4回ゲスト:熊倉敬聡(藝術研究家・実践家)

1959年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、パリ第7大学博士課程修了(文学博士)。Ours lab. 共同代表。元慶應義塾大学教授、元京都造形芸術大学教授。フランス文学 ・思想、特にステファヌ・マラルメの貨幣思想を研究後、コンテンポラリー・アートやダンスに関する研究・批評・実践等を行う。大学を地域・社会へと開く新しい学び場「三田の家」、社会変革の“道場”こと「Impact Hub Kyoto」などの 立ち上げ・運営に携わる。主な著作に『瞑想とギフトエコノミー』(サンガ)、『汎瞑想』、『美学特殊C』、『脱芸術/脱資本主義論』(以上、慶應義塾大学出版会)などがある。http://ourslab.wixsite.com/ours

美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト

『美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト』の編集を担当しました。

2012年、東京都美術館のリニューアルオープンをきっかけにスタートした「とびらプロジェクト」。東京都美術館と東京藝術大学がタッグを組み、会社員や教員、学生、専業主婦など広く一般から集まったアート・コミュニケータ(愛称:「とびラー」)と、学芸員や大学の教員、第一線で活躍中の専門家が、共に美術館の文化資源を活かしながら誰もが参加できる対話の場を創り出し、様々な価値観を持つ多様な人々を結びつける活動をしています。8つの事例とともに、稲庭彩和子(東京都美術館)、伊藤達矢(東京藝術大学)によりこれまでの6年間の活動が紹介されています。西村佳哲(働き方研究家)、日比野克彦(アーティスト)、森司(アーツカウンシル東京)のコラム、とびラーのインタビューも収録。
   

『美術館と大学と市民がつくるソーシャルデザインプロジェクト』
2018年10月23日初版

東京都美術館×東京藝術大学とびらプロジェクト 編
稲庭彩和子(東京都美術館)・伊藤達矢(東京藝術大学)著
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm 原田祐馬・西野亮介
イラスト:白尾可奈子
編集:影山裕樹(千十一編集室)・米津いつか(ノマドプロダクション)
ライター:吉田真緒・井尻貴子・只木良枝
発行所:株式会社青幻舎
印刷・製本:株式会社シナノパブリッシングプレス
仕様:四六判/272p(カラー4p,モノクロ268p)/日本語

<目次>
序  教育普及から、アート・コミュニケーションへ
第1章 美術館で関わり合いを“つくる”とびラーの活動
第2章 ミュージアムが“ハブ”となりコミュニティをつくる
第3章 コミュニケーションの“質”が社会を“ひらく”扉になる
終章 とびらプロジェクトの現在とこれから

ノマドプロダクション/マンガナイト/SPICEビルオープンデイ

アートプロジェクトに関わるプロフェッショナル・ネットワーク「ノマドプロダクション」、マンガを介したコミュニケーション活動を展開する「マンガナイト」が入居する、文京区春日のSPICEビルの一部を公開するオープンデイを開催します。

それぞれの活動を紹介するほか、10月2日グランドオープンのマンガナイトBOOKSを特別営業します。ささやかなおもてなし企画なども準備中ですので、追加情報についてはfacebook イベントページにてご案内いたします。

アートプロジェクトやマンガ。文化芸術を交えたコミュニケーション活動にご興味のある方、お気軽にご参加ください。

[概要]
日程:2018年10月7日(日)10:00〜19:00 
会場:SPICEビル1F, 2F, 3F(東京都文京区春日2-14-9)
主催:一般社団法人ノマドプロダクション、レインボーバード合同会社、有限会社スライディング・キャット
Continue reading

象の鼻テラス開館10周年記念企画「フューチャー・スケープ・プロジェクト」

ZOU-NO-HANA FUTURE SCAPE PROJECT
象の鼻テラス開館10周年記念企画「フューチャー・スケープ・プロジェクト」

2019年6月2日に象の鼻パーク・テラスは10周年を迎えます。
その記念として、この先にあったらいいなと思う「未来の風景」をアーティストや市民から集め、象の鼻パークに出現させるパブリック・スペース・プロジェクトがスタート。これまでに、施設の利用者から「あったらいいな」と思う要望を集めるワークショップなどを実施してきました。
そして今度は提案者が主体的に「これがやりたい」というアイデアを募集し、2019年6月10周年展覧会内での実現を想定としたプロジェクトがはじまります。
公募の詳細は2018年10月10日(水)16時より「募集要項発表会」にて公開されます。募集要項の説明会に加え、アーティスト・トーク、ケースプロジェクト・プレゼンテーションも行われます。

ノマドプロダクションは、プロジェクトメンバーとして記録・広報関連ツールのプランニング等に携わっています。

象の鼻テラス公式サイト
Continue reading

Tokyo Midtown Award 2018


東京ミッドタウンマネジメント株式会社が実施する〈Tokyo Midtown Award 2018〉アートコンペ事務局運営を受託しています。「東京ミッドタウン」の場所を活かしたサイトスペシフィックな作品を募集、入賞者には1人につき100万円の制作補助金を支給。加えて、グランプリ(1点)には100万円、準グランプリ(1点)には50万円、優秀賞(4点)には10万円を贈呈します。制作補助金や賞金だけでなく、受賞後のさまざまなサポートも用意されているコンペです。

 
公開2次審査会
日時:2018年8月8日(水)9:50~16:20 ※午前の部 9:50~12:35、午後の部 13:35~16:20
場所:東京ミッドタウン・カンファレンスRoom7(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー4F)

8月2日(木)10:00まで、見学申し込みを受付中(先着30名様)。詳細は公式ページをご確認ください
Continue reading

超・幻聴妄想かるた

特定非営利活動法人やっとこが運営する、就労継続支援B型事業所ハーモニーの『超・幻聴妄想かるた』の編集を担当しました。

2011年から発売が始まったハーモニーに集う人々の日々の生活や体験を題材にした「幻聴妄想かるた」。2014年の『新・幻聴妄想かるた』に続くシリーズ第3弾です。

書籍は、かるた札のエピソードだけではなく、ハーモニー施設長新澤克憲さんのこれまでの活動を通しての文章を読むことができます。『超・幻聴妄想かるた』のかるたの絵札はフルカラー。書籍とかるたは別売りもしていますが、セット売りのスリーブケースカバーには谷川俊太郎さんの帯文も掲載されています。


Continue reading

平成29年度障害者芸術文化活動普及支援事業 報告書

厚生労働省が2014年度より3年間に渡って推進してきたモデル事業をもとに、美術分野と舞台芸術分野で障害者の芸術文化活動を普及、支援する事業の報告書の制作を担当いたしました。

企画・発行:平成29年度障害者芸術文化活動普及支援事業連携事務局
 美術分野│社会福祉法人 グロー(GLOW)~生きることが光になる~
 舞台芸術分野│社会福祉法人 大阪障害者自立支援協会(国際障害者交流センター ビッグ・アイ)

連携事務局:
 齋藤誠一、竹岡寛文、木元聖奈(社会福祉法人 グロー(GLOW)~生きることが光になる~)
 鈴木京子、宮脇真喜子、小森利絵(社会福祉法人 大阪障害者自立支援協会)

発行責任者:
 北岡賢剛(社会福祉法人 グロー(GLOW)~生きることが光になる~ 理事長)
 草川大造(社会福祉法人 大阪障害者自立支援協会 理事長)

制作コーディネート:一般社団法人 ノマドプロダクション

デザイン:LABORATORIES

編集:『engawa』 今井 浩一

六本木アートナイト2018 ガイドブック

六本木の街を舞台に開催された〈六本木アートナイト2018〉のガイドブック編集を担当いたしました。

宣伝美術、ウェブサイト制作、翻訳担当チームと連携。3人のアーティストによるメインププログラムはもちろん、多数の参加施設から情報収集を行い、各所で行われたプログラムなど多くの情報をわかりやすく紹介しました。

宣伝美術:武井哲史(FLOWER MARK)
ガイドブック編集・ウェブサイト制作:新井慶太(Build)、小林沙友里、及位友美、米津いつか(ノマドプロダクション)、杉江裕視(杉江デザイン事務所)、hanare × Social Kitchen Translation、Kikko Corporation

仕様:オールカラー/B5/32p(日本語版)・16p(英語版)

公式サイトよりPDFデータをダウンロードいただけます。

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017 ドキュメント

“障害者”と”多様な分野のプロフェッショナル”による現代アートの国際展〈ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017〉の記録集、記録映像(DVD)制作を担当しました。

記録集ではダイジェストページを設ける、各プロジェクトページに複数の要素を入れ込む、セクションごとに関係者の声を収録するなどして、第1部〜第3部にわたる複雑なプロセスや、多様な協働の成果を読みやすくまとめています。

記録映像では、全体のダイジェスト版に加え、パフォーマンスステージ全編を視覚障害者向けに制作した「声の解説」音声・字幕と共に収録した映像、総合ディレクターや出演者のインタビュー映像などを収録しています。

監修:栗栖良依
編集:橋本誠(Nomad Production)、友川綾子
翻訳:hanare×Socisl Kitchen Translation
写真:加藤健、加藤甫、川島彩水
アートディレクション:吉川智基(SAFARI inc.)
デザイン:香山ひかる(SAFARI inc.)
印刷:株式会社協進印刷
発行:横浜ランデヴープロジェクト実行委員会、特定非営利活動法人スローレーベル
発行日:2018年3月23日

おかやま文化芸術アソシエイツ「文化芸術交流実験室」

岡山県と岡山県文化連盟による地域アーツカウンシル事業「おかやま文化芸術アソシエイツ」の一環として実施している「文化芸術交流実験室」の企画・運営・記録サポートを行っています。レポート(一部はウェブ掲載)と、そこから得られた情報を中心にまとめた報告書が完成しました。

報告書では、文化芸術交流実験室の参加者から寄せられた、岡山県内で気になっているヒト・コト・場所のリスト、岡山県における文化プログラム(beyond2020)の認証状況などについても紹介しています。

監修:大月ヒロ子
編集:高田佳奈、橋本誠
デザイン:安藤次朗[LOVE AND PEACE]
制作コーディネート:一般社団法人ノマドプロダクション
発行:公益社団法人岡山県文化連盟

下記のページよりPDFデータ(A4版)を閲覧・ダウンロードいただけます。
http://o-bunren.jp/labo-repo-h29/

2018年度の実施内容など、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
http://o-bunren.jp/labo/